高崎こども食堂らっこ広場

活動の様子

第71回高崎こども食堂らっこ広場開催しました。

2020年2月18日(火)高崎こども食堂らっこ広場を開催しました。

採れたて白菜を頂戴しました。
来週の開催分も、と多めに頂戴しました。
沢山の大根も頂戴しました。
見たことがないくらい大きいバナナをお送りいただきました。
デザートのクレープ生地を早めに仕込んで寝かせておきます。国産薄力粉、卵、牛乳、溶かしバターを混ぜてから一度こしてなめらか生地を目指します。
代表が自由に遊んでいい段ボールを用意してくれたので、こどもたちが早速・・・テーブルでしょうか。
大根のステーキ。一度しっかり蒸してから焼き目をつけて醤油をたらし少し焦がして香ばしく仕上げます。
小ぶりな旬の大根でしたので厚切りにしました。醤油だけでじゅわぁ~っとおいしいです。
夕方のこの時間帯、お母さんに一緒に遊んでもらえるこどもたち ♬ 
(これやってみたい!)ママの手を借りて・・・よっ!
しっかり足の指に力を入れて一歩一歩を進む頑張りやさん。長い時間頑張っていましたよ。。
1歳のこどもはママの側にいて、お姉さんの様子を見つめ、真似をして、やってみます。・・すごいです。
ボランティアさんの指の跡がくっきり浮かぶコロッケの種。粉のお化粧をしてもらうのを待っています。
生パン粉のお衣装もばっちり決まって、揚げてもらうのを順番待ちです。
ネギはマリネに変身です。こんがりと両面を焼いて中心がしんなりしたら
用意しておいたマリネ液(オリーブオイル・ポン酢・砂糖・レモン汁)の中で味を浸み込ませてさっぱり味に。
そろそろ食事の時間ですよぉ~
できた料理はバイキングで。「自分で食べれる分」を各自
よそってもらっています。
弟がママに抱っこしたまま眠ってしまったので、一人で自分のご飯をわける2歳のこども。じょうずです。
「自分でやってみたい」にパパが寄り添ってくださっています。
パパが手を添えてくれるので、安心して自分でごはんをわけています。
食べたくないものは取り分けなくてもいいルール。参加した方は「私はこれは苦手です」を大切に、楽しくご飯。
そろそろお皿に用意が整ったみたいです。
「みぃなぁさぁん いたぁだぁきまぁすぅ」
「はいどうぞぉ~~」メニューは、コロッケ、白菜のシーチキンあんかけ、つぼみ菜海苔和え、ねぎのマリネ、大根のステーキ、ねぎと豆腐の味噌汁、ご飯。デザートはチョコバナナクレープでした。
すぐご近所のこどもたち。らっこ広場のメニューボードは、学校帰りにいつも見てくれているとのことでした。
ネギのマリネをぱくっつ
 「とても楽しみにして参加しています」とありがたいお言葉をいただきました。このお皿は、以前同じテーブルでご飯を食べたお母さんに教えてもらってご準備くださったそうですよ。
デザートタイム。目の前でクレープを焼いて、こどもたちにはお好みでクリームをかけてもらいました。
行列ができる人気クレープ屋さんになり、お代わりを待ってくれるこどもたちもいました。待ち時間が長くなっても静かに最後まで待っていてくれたこども。仕上げを心待ちにしていたようです。今夜のご飯がこどもたちが元気に遊べる身体作りのお手伝いになりますように。